読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AAAA+ 難病(クローン病と多発性硬化症)に打ち勝つ投資

鍼灸で治す、クローン病と多発性硬化症(MS)と、株、FX、ポイント、お金のお話

IPO

マネックス証券IPOの予定が掲載されていますよ。

3587 串カツ田中

  ブックビルディング期間

  2016年08月30日(火)0:00
  ~2016年09月05日(月)11:00

6533 デジタルアイデンティティ

  2016年08月29日(月)0:00
  ~2016年09月02日(金)11:00

 7月下旬にマネックス証券が下記のデータを公表しており、

これをもとに考えると上場時の時価総額が100億円未満のマザーズ、ジャスダック銘柄に応募して当選すると、89%以上の損益率が期待できそうですね。この数字は凍傷1部・2部の銘柄も含んでいるでしょうから。

もちろん当選確率は悪そうですが、当選すると非常に良い成績が期待できそうですね。応募できる人は応募してみてはいかがでしょうか。

 

なお、<シミュレーション条件>として
2012年から2016年6月21日までに東京証券取引所に直接上場(合併に伴うテクニカル上場や既に他の証券取引所に上場していた銘柄の上場を除く新規上場)した274銘柄(ETFやJREITを除く)について、公募価格で購入し、初値で売却したと仮定して勝率や平均損益率を算出しています。なお、ジャスダック市場に上場した銘柄については、2013年7月の東証大証現物取引の統合後に上場した銘柄のみ集計の対象としております。

とあります。

新規公開株(IPO) 取扱銘柄一覧/マネックス証券

東証ジャスダック 31 3 1 35 88.6%
東証マザーズ 164 12 1 177

92.7%

 2.公募価格と初値を比較すると平均89.0%の損益率

上場年 平均損益率
2012年 68.6%
2013年 116.6%
2014年 92.5%
2015年 88.4%
2016年 72.3%
平均 89.0%

100億円未満 

177 10 3 190

93.2%